MUP コンテンツマーケット

ビジネスを学ぶ。 MUP

ビジネスの自動化にとって大切な「コンテンツ」。

ではそのコンテンツをより良いものにするためどうしますか??

今回も竹花さんが声を荒げて訴えかけていました笑

what’s contents??

コンテンツとは 

店内ポップ 飲食のメニュー バナー広告 SNS運用 チラシ 動画 ホームページ ブログ 

のこと。

なぜ大事なのか?? → 

自動集客に繋がるから。 インスタ、ブログ、を観る → 何かを購入する、何かに申し込む。

これが自動化に繋がる。

竹花さん自身、新しく何か始めるとなったら

人材とか人事かそういうものじゃなくて、

動画に一番力を入れています。

ブログ、メディアに力を入れるため動画作りなどを指示するそうです。

竹花の考える経営

営業マンには能力のバラつきが出る場合がある。

できない営業マンは何を言ってもできない。

トップ営業マンがいると、その人に会社が依存するため辞められた場合会社が傾く可能性が出てくる。

この人材の部分に時間を費やして売り上げを上げようとするのは、ホントに会社のためなのか??

みんな平均化して自動化にして、売り上げを上げる仕組みを作らなきゃならない。

だからコンテンツに力を入れなければならない!!

と考えています。

コンテンツ作り

コンテンツとは感情を生み出すための道具。

=売り上げを生み出すための仕組みなのである。

なぜなら、人は論理では行動しない!

いつでも感情が行動を生み出すものであるから!

コンテンツの動画、言葉、話し方、ワーディング全てにおいて重要なのに、

みんなその事実を全然解っていない!

ではどう作っていくのか??

5つのフレームワークを使い説明して行きたいと思います。

ゴールクエッション

相手に問いかけてあげる為に、文末を「?」で終わらせる。

「。」で終わらせない! ← 投げっぱなし

・MUPで一流から学ぼう!

・ 一流から学び、何をしたい??

・ ネイティブと英会話を学ぼう!

・ 外国人の恋人作りませんか??

・ 将来の収入不安じゃないですか??

・ 副業の始め方知ってますか??

こんな感じです!

センセーショナル

センセーショナルとは、「人の感情・感覚をゆさぶるような」という意味合いがあります。

共感する悩み 損する事 社会常識 承認欲求 優越感

「共感する悩み」

例えば子育てママがカフェに行って、子供に泣かれでもしたら周囲に迷惑をかけるんじゃないか、、、

そんな時コースターなどに「泣き声大歓迎!」とあったらホッとしますよね??

「損する事」

人は何か「得」をする時より、何かを「損」する時の方が

行動に移しやすい特性がある。

ダメな例 アンケートのご協力で3,000円お得!!

良い例  アンケートにご協力頂かない場合、3,000円の損害!!

「社会常識」

みんなが良いと思う物は良いに違いない! 社会的証明

例 みんなが選ぶ月刊人気ランキング1位

  常に1時間待ち!行列のできる人気ラーメン店。

「承認欲求」

みんな辛い、頑張ってる。それを認めたり労ってあげましょう!

「いつも大変なのは知ってるから、今だけはふーっ」

竹花さんはこんな感じで言ってましたが、ちょっと笑ってしまいました笑

「今日もお仕事お疲れ様。頑張りすぎないでね^^」

ギャップフィリング

人は本心を隠せる生き物である。

建前(理想) → GAP ← 現実(本音)

友人宅で奥さんの手料理をご馳走になって、仮に「美味しくなくても」

「んー、、美味しいですね!」って言っちゃいますよね?

日本マクドナルドの例では

女の子を集めて商品開発したところ、全く売れず販売打ち切りになったそうです。

「サラダマック」は開発中その女の子達にすごく好評だったのですが、

結局はマクドナルドの開発となると本音を言えず、建前で商品評価していたと言われています。

・コーヒーが美味しいカフェ10選

・自分に酔えるオシャレカフェ10選

後者の方がクリック率が3倍違うデータもあるそうです。

この本音の部分を探るのが「デプス調査」だったりします。

ラッキング

lacking、、足りない 欠けさせる などの意味合いがあります。

全部の情報を話すと人は考えなくなります。

情報を制約して「イメージを沸かせる」ことが大切なのです。

そのためには、

擬声語 擬音語 擬態語 擬容語 擬情語

を使用するテックニックがあります。

・寒い冬はもちろん定番の「おでん!」好評発売中!!

・寒い冬はホクホク玉子とアツアツ大根で暖まりませんか??

・夏も最後!みんなで楽しくビーチでBBQ団体様予約受付中

・夏の最後にカンカン照りビーチでジュワッと焼いたお肉とキンキンビール!!

全部の情報を話すと人は考えなくなります。

情報を制約して「イメージを沸かせる」ことが大切なのです。

・肉汁がジュワッと(ハンバーグ)

・毛穴がスーッと呼吸する(エステ)

・皮脂がとろける出る(ヘッドスパ)

・ぐさっと刺さる言葉(竹花)

・「ふーっ」てなれるバー

ネガティブプット

上げて 下げて 上げる

安倍総理ってすごいよね!

各国のリーダーも認めてて、

日本のリーダーとして相応しいよね!!

上げる 上げる 上げる では心に響かない。

安倍総理ってすごいよね!

一度は総理辞めちゃったけど、

日本のために再び総理になるって普通じゃできないよ!!

上げて 下げて 上げる こんな感じ。

良いことばかりでは信用力に欠けるのと、最後を上げて終わらせるのと、下げて終わらせるのとでは印象がまるで変わるので、必ず「上げて」締めましょう!

まとめ

コンテンツ分野1つとっても気にかけなきゃならないこと沢山ありますよね??

コンテンツとは?? → SNS HP ブログ POP など

良いコンテンツは → 感情に刺さる

感情に刺さると → 行動を生む

行動を生むと → 売り上げを生む!

コンテンツ → 売り上げを生む!!

タイトルとURLをコピーしました