新施策・戦略を考える 2

ビジネスを学ぶ。 MUP

この章で、さらに自身のビジネス価値を上げてみませんか??

竹花ビジネスポイント

売り上げと顧客を見るのではなくて ✖️

利益と顧客行動を中心に思考する 

モノ思考の人

何歳が多いか?? 性別は女性か男性か??

サラリーマンが多い?? 売れ品物は??

よく売れる飲み物は??

行動思考の人

どんな行動している人が多いですか??

そしてその行動に相関していることは何ですか??

全員を幸せにすることはできない。8:2の法則 

8割の人が売り上げの20%

2割の人が売り上げの80%

MVーCSP ・・・一番会社に貢献している人のこと

例:カフェ

PC開く人がMVーCSP 80%

打ち合わせ スマホをいじる 本を読む 友人と話す 20%

PCを開く人の特徴:長居する リピートする 単価が安い ご飯を注文しないから単価が安い

滞在時間とリピートの相関性 滞在時間が延びるとリピート率が上がる

滞在時間と顧客単価の相関性 相関性があまりない

リピートと顧客単価の相関性 リピートするほど単価が上がらない

滞在時間が延びるとリピート率が上がる

→ 滞在時間を気にしないよう時間制など

→ 個室的区切りを用意するなど

リピートする人は顧客単価は低い

→ ブュッフェ方式にして食べ物まで用意 その代わり2000円です。

滞在時間と顧客単価の相関性 相関性があまりない

→ 相関性がないから施策は打たなくても良い

おさらい

1、MVーCSPを把握して8割を探し出す

PC開く人がMVーCSP 80%

打ち合わせ スマホをいじる 本を読む 友人と話す 20%

2、8割の行動の特徴を書き出してみる

PCを開く人の特徴 長居する リピートする 単価が安い ご飯を注文しないから単価が安い

3、行動の特徴と利益などの相関性を見てみる

滞在時間とリピートの相関性 滞在時間が延びるとリピート率が上がる

滞在時間と顧客単価の相関性 相関性があまりない

リピートと顧客単価の相関性 リピートするほど単価が上がらない

4、相関性を明確したら施策を選定する

滞在時間が延びるとリピート率が上がる

→滞在時間を気にしないよう時間制など

→個室的区切りを用意するなど

リピートする人は顧客単価は低い

→ブッフェ方式にして食べ物まで用意 その代わり2000円です。

滞在時間と顧客単価の相関性 相関性があまりない

→相関性ないから施策は打たなくても良い

まとめ

顧客になる人は老若男女誰に来ていただいても構わない。

その姿勢は改めて意識する必要があると思います。商品は基本、誰に買って頂いても良いのです。

なので「行動の分析」に注力して考え抜くことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました